クロッカス

クロッカスリスト

アドバンス

Advance

 

アルドシェンク

 

アンシエンシス

 

イエローマンモス

Yellow Mammouth

クリームビューティー

C. chrysanthus 'Cream Beauty'

クリーム

ギール

Geel

ジャンヌダルク

Jeanne d'Arc

ストライプド

Striped

白紫筋

ピクウィック

C. vernus ‘Pickwick’

白に紫筋

フスコティンクタス

 

黄、外茶筋

フラワーレコード

Flower Record

プリンスクラウス

 

紫に白

ブルーパール

C. chrysanthus ‘Blue Pearl’

うす紫

マンモスエロー

 

リメンブランス

C. vernus ‘Remembrance’

 

ルビージャイアント

C. tommasinianus ‘Ruby Giant’

レディーキラー

C. chrysanthus ‘Lady Killer’

外紫、白

クロッカスの育て方

9月から1月までの間、ホームセンターや園芸店で球根が売られている。これを買ってきて、咲かせたい場所に3センチくらいの親指大の穴をあけ球根をねじ込んでやります。

2月ごろから開花し、チューリップの盛りのころには花が終わってしまいます。

チューリップが枯れる6月には新しい球根ができているので、ほりあげて再利用するもよし、そのまま植えておくのも可です。

 

クロッカス(Crocus)について

 アヤメ科の球根植物です。グラジオラス、チグリジア、あやめ、かきつばた、花しょうぶ、アイリスの仲間です。 

 Crocusは、ギリシャ語のkroke糸の意味。めしべの柱頭が垂れ下がる様が糸のようだから。クロッカスの多くの園芸品種はvernusである。意味は「春の」。

インデックスにもどる

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO