百丈岩に行ってきた。

JR宝塚線道場下車徒歩30分でこの眺めである。

豚児らがくつろいでいたので何気なくこの岩に足を踏み入れたのだが、ふと横を見ると断崖絶壁で足が笑った。「しょしょしょしょ、諸君、もももも、もう行こうか」

かの大岩のてっぺんを見るとなんとほこらがある。あそこまでお参りする勇気はなかった。まじこわかったぞ。

次回この下の峡谷と向かいの山のはげ地を歩いてみたい、などと考えている。

このあと林の中を歩く。突然見事なユリを見かけた。気持ちのよいトレッキングだった。

もういっちょうみかけた。後で知ったがササユリというらしい。

林を歩くこと1時間、突然住宅地につきあたる。地図を見ると標高はほぼ400mだった。

望遠で見ると別荘地みたいだ。

住宅地を突き抜け、鉄道の通る谷への降下を試みる。「ファイトー、イッパーツ」的状況に陥いり、一時退却を余儀なくされた。再度の急斜面突破の道を探る。偶然現れた荒れ地は大変眺めがよく、美しい場所だった。

崖から落ちそうになりながらもなんとか麓に降りてきた。ぼろぼろの橋があるもの悲しい風景を見た。写真の浄水場の向こうの山のさらに上から転がり降りてきたのである。

歩いて家まで帰るか?、というと平気でやろうとぬかしやがるので仕方なしにつきあう。元気では子供に勝てない。疲れているように見えてMozartを聴きながら楽しそうに歩いていやがるのだった。このあとこのダムの上にちゃっちゃと登って山道に入った。

しかし道に迷って山を突き抜け、よく知った駅まで3kmの地点に出てきた。全行程15km以上、所用7時間のめちゃくちゃな行楽だった。

つづく。

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO